けやきひふ科

美容皮膚科診療

メインメニュー

皮膚科診療

肝斑の治療

肝斑は顔等にでるうっすら茶色いシミです。
30代〜40代の女性に多く発症します。
不規則な生活や、ストレスなどからメラニンを作り出す表皮の細胞のバランスがくずれることでシミになると言われています。また、紫外線の影響、洗顔のこすりすぎも原因の一つではないかといわれています。
一見血色が悪いように見える場合もあり、症状により適した治療を行うことが肝要です。

主な治療内容について主な治療内容について

いまのところ、レーザーは強くお勧めできない治療です。紫外線防御、メラニンを抑制する外用剤、ビタミンC内服などが有効です。
また、アンチエイジングとしてのケミカルピーリング・イオン導入も有効な場合があります。ケミカルピーリングは肌のくすみ全体に効くのでやったあとの満足感が高いと思います。
​最近ではビタミンA(レチノール)を含んだ化粧品が有効なことがわかってきました。化粧品によるホームケアやクリニックでのトリートメントを受けていただく方法もご提案しています。
一部の医療機関ではレーザートーニングという方法を推奨していますが、トラブルも多く当院では行っていません。

治療に関しての注意点等治療に関しての注意点等

ビタミンA(レチノール)を含んだ化粧品というものは、いくつかのメーカーから出ていますが、当院ではエンビロンとういうシステムを採用しています。ホームケアとくみあわせて、クリニックでのトリートメントもおすすめです。
お問い合せ・ご相談はこちら
診療受付はこちらです

皮膚科診療

診療時間のご案内



診療時間
ネット当日受付

■インターネット受付時間
午前の受付時間:9:30〜12:00
午後の受付時間:15:00〜17:00

■休診日
木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

enet診察受付ご利用方法
携帯、スマホからもご利用いただけます

けやきひふ科

〒939-1387
富山県砺波市となみ町11-11
TEL 0763-58-5670
FAX 0763-58-5671

アクセスMAPはこちら
このページのトップへ