けやきひふ科

美容皮膚科診療

メインメニュー

皮膚科診療

ほくろのレーザー治療

ほくろは、正式には色素細胞性母斑といって、母斑細胞というメラニンを作る細胞が集合している状態です。色素を消すレーザー治療などを行っても再発します。再発を減らし、きれいに消すには、母斑細胞をできるだけ除去する必要があります。
場所や、大きいものや、隆起しているものなど見た目に気になるケースがあります。また、若い時には、平らだったものが、少しずつ隆起して目立ってくる場合があります。

主な治療内容について主な治療内容について

基本的には、組織を蒸散させるCO2レーザー治療が非常に有効です。CO2レーザーという方式を採用した機器は多種多様に存在するのですが、機器の性能は、ピンからキリまで、様々です。
​当院ではルミナス社のスキャナー搭載CO2レーザーという非常に高性能な機器を採用しています。優れている点は、治療後の傷跡を残しにくいということにあります。
また、院長はこの機器に精通しており、治療経験も豊富です。
​ほくろを、できるだけきれいに取りたいという希望があれば、一度ご相談ください。
お問い合せ・ご相談はこちら
診療受付はこちらです

皮膚科診療

診療時間のご案内



診療時間
ネット当日受付

■インターネット受付時間
午前の受付時間:9:30〜12:00
午後の受付時間:15:00〜17:00

■休診日
木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

enet診察受付ご利用方法
携帯、スマホからもご利用いただけます

けやきひふ科

〒939-1387
富山県砺波市となみ町11-11
TEL 0763-58-5670
FAX 0763-58-5671

アクセスMAPはこちら
このページのトップへ